中性脂肪を下げるには食事をどう改善すればいいの?

中性脂肪を下げることが健康維持に重要ですが、そのためには食事内容の改善が必要になります。

 

中性脂肪が高いということは血管内に脂質が過剰に存在する状態で、放っておくと動脈硬化を引き起こす場合があります。

 

動脈硬化は心臓病や脳卒中などの重篤な病気との関係が深いため、予防のためにも早期から改善することが必要になります。

 

中性脂肪を下げるためには肉や揚げ物中心の食生活を改善し、中性脂肪を下げる効果が期待できる食材をメニューに取り入れると良いです。

 

中性脂肪を下げるのに効果的な食材はサバやイワシなどの青魚です。青魚には体内の余分な脂肪を肝臓に運んで分解させるDHAやEPAという栄養素が含まれています。

 

食事で十分な量のDHAやEPAを摂取するのは難しいという人は、DHAやEPAのサプリメントを利用すると良いです。

 

また、食事方法の改善も重要です。食事は毎日決まった時間に、ゆっくりよく噛んで行いましょう。量は腹八分目にすると良いです。

 

コレステロール高い

中性脂肪対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ