ヨーグルトは効果的なの?

低カロリーで健康的なイメージがあるヨーグルトですが、中性脂肪を下げる効果は期待できるのでしょうか。

 

ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌が含まれており、食べることによって腸内の環境を整える効果が期待できます。

 

人間の体は肉やハム、ベーコン、牛乳などの動物性の脂質を多くとってしまうと体内にどんどん蓄えられていきます。

 

腸内環境が悪い場合は体に溜まった脂質が分解されず、どんどん血中に吸収されていってしまいます。その結果、中性脂肪の値が高くなってしまうのです。

 

腸内環境が良いと中性脂肪を善玉菌が分解して体外に排出しやすくなるので、数値を下げる効果が期待できます。

 

運動をしていたり、食事に気を付けていても中性脂肪を下げることができない場合は、腸内環境の乱れが原因の可能性もあります。

 

腸内環境を整えるにはヨーグルトが効果的です。乳酸菌は熱や胃酸に弱い成分ですが、食後にヨーグルトを食べるようにすると、より多くの乳酸菌を腸に届けることができます。

 

 

コレステロール高い

中性脂肪対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ